2006年

小長谷淳 Konagaya Jun「本のオブジェと陶印」

2006年12月12日(火)-12月23日(土)

小長谷淳 Konagaya Jun
「本のオブジェと陶印」

無意識に行脚する白牛のごとく、私はある夜
町中をふらふら歩いていた。
歩きつかれ、路上でねむり、その時不思議な夢をみた。
見た事の無い植物、蝉のぬけがら、かえるの精霊達、
皆が私を交えて宇宙について会話するのだった。
聞いた事の無い言葉で……。
妙也!妙也!

茅野玲子 八木橋利代子「ふたり展」

2006年12月5日(火)-12月10日(日)

茅野玲子 八木橋利代子
「ふたり展」

藤田知里展 Lyrical Study

2006年11月28日(火)-12月3日(日)

Lyrical Study
Fujita Chisato Exhibition
藤田知里展

蜂谷一人句画展II「冥王星年代記」

2006年11月14日(火)-11月25日(土)

蜂谷一人 句画展II「冥王星年代記」

凍ったメタンガスの海を航海する古い船。
犬橇の犬たちが甲板から遠い地球を眺めています。
船長室からは暖かい光が漏れ、ピアノが懐かしい曲を奏でます。
しかし、この星には最後の時が迫っていました。
もうすぐ星の名前が消え、
真っ暗な宇宙を彷徨う星屑へと変わってしまうのです.....

大澤和泉展

2006年10月30日(月)-11月11日(土)

大澤和泉展

テンペラ画による植物画と
共同通信連載[おしゃれモダン]の原画・エッセイ

イイホシユミコ YUMIKO IIHOSHI PORECELAIN EXHIBITION[HAND WORK]

2006年10月16日(月)-10月28日(土)

イイホシ ユミコ
YUMIKO IIHOSHI PORECELAIN EXHIBITION[ HAND WORK ]

ユーグレナ惑星の日々上野慶一展

2006年9月25日(月)-10月7日(土)

ユーグレナ
惑星の日々
上野慶一展

“机上乃果”nakabanデッサン展

2006年9月11日(月)-9月23日(土)

“机上乃果”
nakaban デッサン展

堀藍“タイムリー”

2006年7月18日(火)- 7月29日(土)

堀 藍
“タイムリー”

アイルランドの3人 リチャード・ゴーマン、ジョン・グラハム、ファーガス・フィヘリ

2006年6月7日(水)-7月1日(土)

アイルランドの3人
リチャード・ゴーマン
ジョン・グラハム
ファーガス・フィヘリ

ダブリン生れの3人の作家によるドローイングと版画作品。

町田麻衣 木版画展

2006年5月30日(火)-6月4日(日)

町田麻衣 木版画展

さじみさのガラスの仕事

2006年5月15日(月)-5月27日(土)

さじみさのガラスの仕事

豆皿、酒器、ランプシェードなど。

藤江民新作版画展

2006年4月17日(月)-5月6日(土)

藤江民 Fujie Tami 新作版画展

富山在住のアーティスト藤江民による新作を含む版画展(エッチング、リトグラフ)

六田知弘「POLI」

2006年3月22日(水)-4月8日(土)

六田知弘写真展 poli[ポリ]

ローマの東方約30kmに位置する人口およそ1500人の丘上都市『ポリ』。
時間の堆積した空間とそこに暮らす人々の肖像。約20点を展示。

木口木版3つのスタイル 早川純子、岡澤加代子、傍嶋飛龍

2006年2月6日(月)-2月25日(土)

木口木版3つのスタイル
早川純子、岡澤加代子、傍嶋飛龍

絵本作家・画家としても活躍中の早川の、もう一面の木版世界。
シルクスクリーンを学んだ後、木口木版による抽象の宇宙に挑む岡澤。
色鮮やかな夢世界を描き続ける傍嶋が魅せられはじめたモノクロの世界。
三者三様の木口木版。

小宮山逢邦 切り絵「富嶽三十六景1/2」展

2006年1月16日(月)-1月28日(土)

小宮山逢邦 切り絵「富嶽三十六景1/2」展

制作を続けています切り絵「富嶽三十六景」がやっと1/2の18景まで完成しました。 制作の途中経過を見ていただきたく、小さな展覧会を開くことにしました。